荒神谷遺跡 ― 後編 ―

銅剣、銅矛、銅鐸など数多くの青銅器が見つかったこの斐川町の遺跡は、出雲ロマン街道をはさんだ
南側に三宝荒神が祀られていたことから、荒神谷遺跡と名付けられました。
ここの荒神さんは須佐之男命で、中央に大きな岩があり、その周りに二つの岩がお祀りしてあります。
昔荒れ果てていた時期があったそうですが、大飢饉をきっかけにお祀りし直されたのだそうです。


20-11.jpg



神の庭、と書いて『神庭かんば』と読むこの古い土地は見渡す限り緑、緑、でとても静かな場所です。
特に朝もやがかかっている時の景色はとても綺麗です。

20-12a.jpg





近くには、荒神谷史跡公園が整備されていて、竪穴式住居が作られています。
バーベキューの施設などもある、広い公園です。

20-13a.jpg









荒神谷遺跡といえば、数が多いために銅剣ばかりがクローズアップされがちですが、出土した6個の銅鐸もかなり
興味深いものがあります。

20-14a.jpg



特に1号鐸と呼ばれるこの銅鐸は、説明文にもありますが、弥生青銅器研究の権威、佐原真氏が最初にこの銅鐸を
見た時に「この銅鐸が骨董屋に並んでいたら、わたしはまちがいなくニセモノと言うだろう。」と言われたほど変わった
銅鐸です。


●1号鐸の特異性
① 鈕(ちゅう)が変わっている
② 模様が変わっている

20-15.jpg
※荒神谷1号鐸 (古代出雲歴史博物館)       ※1号鐸模鋳品 (荒神谷博物館)


まず、鈕(ちゅう)と呼ばれるつり手の部分の断面が、他の銅鐸は♢型なのに対し、この1号鐸だけは凸型をしている、
ということです。

20-16.png



そしてA面には重弧文(じゅうこもん)と呼ばれる半円形を重ねた模様や、重弧文に斜線が細かく入ったもの、
裏のB面には市松模様が斜線の重なりで表現されているという、なんだか着物の模様のような変わったデザインの
銅鐸です。
出雲産かどうかで意見が分かれているようですが、荒神谷遺跡からは鋳型が出てきてないので、どこで作られたか
は分かっていません。
この1号鐸もまた表面と内側にわずかに赤色顔料が付着していたようです。


●最古段階の5号鐸
5号鐸は、鰭(ひれ)と呼ばれる外側に付いている薄いピラピラしたところがほとんど無く、全体的にずんぐりとした
印象の銅鐸です。 つり手は『菱環鈕式 りょうかんちゅうしき』と呼ばれる最古段階の物で、弥生時代前期末~
中期前半頃に制作された、とされています。 これは国内でも十数例しかないものです。



20-17.jpg


加茂岩倉遺跡銅鐸と比べると荒神谷の銅鐸は23cm前後の小さいものです。
派手な模様が付いているわけではないし、なかなかこの小さくて地味な銅鐸たちの前で足を止める人は
少ないですが、近づいてよく見るとなかなか面白いのです。







~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




国道9号線沿いの、荒神谷入口の交差点の近くに福泉堂さんという和菓子屋さんがあって、銅剣のもなかが
売られています。

20-18.jpg



朝汐餡+鹿の子豆のあんが中に入っています。
荒神谷の銅剣が出土した時に、役場のほうから何か作ってくれませんか、と言われて作ったんですよ・・と
お店の方が教えて下さいました。


20-19a.jpg






荒神谷遺跡の銅剣はいったいどこで作られたのかは分かっていません。
自分の生きているうちにどこかで鋳型や工房跡が見つかるのを楽しみにしています。







荒神谷遺跡  






・古代出雲歴史博物館様
・荒神谷博物館様
・出雲弥生の森博物館様     
 どうもありがとうございました。

荒神谷遺跡 - 前編 ―

1983年(昭和58年)4月、出雲市斐川町神庭(かんば)西谷(さいだに)で、農道建設のための調査の最中、
田んぼのあぜで土器のかけらが見つかったことをきっかけに、
翌年、銅剣358本、またその翌年銅矛16本と銅鐸6個が見つかりました。

1998年(平成10年)、これらの青銅器は一括して国宝に指定され、文化庁の所有になり、出雲大社の横にある
古代出雲歴史博物館の常設展示室に展示されています。


20-1.jpg




近くに三宝荒神が祀られていたことから、この遺跡は荒神谷(こうじんだに)遺跡と名付けられ、国の史跡となり
2005年(平成17年)、荒神谷博物館がオープンしました。

20-4.jpg




田んぼだった(今はハス池になっている)横の道を奥にずっと歩いてゆくと、出土時の様子が再現されています。
左側が銅剣、7メートルほど離れて右側に銅鐸と銅矛のレプリカが埋まっています。

20-2a.jpg


●荒神谷遺跡の何がすごいのか?その特徴

① 358本の異常性
  それまでの全国の銅剣出土総数は約300本で、それを一か所ではるかに上回っている。
② 銅矛と銅鐸が一緒に出土
  これもまた全国で初めてのことでした。
③ ×印のナゾ   
  銅剣の茎(なかご)と呼ばれる持ち手に差し込む部分になぜか×印が彫られている。(358本のうち344本に)
  この×印は荒神谷遺跡銅剣と、約3㎞離れた加茂岩倉遺跡の銅鐸にしか彫られていない。
  関連性も分からないし、何のためなのかも分かっていない。

  ・作った工房のマークである
  ・神の力を封じ込めるため   など諸説あります。


20-3.jpg 
                                ※荒神谷遺跡出土銅剣 (古代出雲歴史博物館)                      

今、荒神谷遺跡の青銅器は2回目の修復と調査を約12年かけてされている途中のようで、顕微鏡でよくよく見たら、
×印のある銅剣の数がもしかすると増えるかもしれない、と調査しておられる学芸員の方が仰っていました。

青銅器は、鋳型に熱した金属を流し込んで作られますが、同じ鋳型から作られたものを同笵(どうはん)と呼びます。
銅剣の場合、鋳型から出して『研磨』するという工程があるため、同笵関係を特定するのは少し難しいのだそうです。
現在のところ、358本のうち43組で同笵が確認されています。




●赤く塗られた青銅器

荒神谷遺跡、加茂岩倉遺跡の両方とも青銅器に赤色の顔料が塗られていたことが分かっています。
日本最古の赤は旧石器時代から使われていたベンガラと呼ばれる顔料ですが、縄文時代からは水銀朱(すいぎんしゅ)
と呼ばれる赤色顔料が使われるようになりました。
ベンガラは土器などの身近なものに塗られることが多かったのに対し、水銀朱は青銅器や権力者の墓の副葬品に
塗られたり、木棺の中に大量にまかれたりして使われたようです。
水銀朱は鉄より銅より特別な、とても貴重で高価なものだったそうです。


20-5a.jpg
※中国産の水銀朱の原石 (出雲市蔵)             ※西谷(にしだに)2号墓出土 水銀朱(出雲市蔵)
                                 ~出雲弥生の森博物館~『出雲の赤』展より~


荒神谷遺跡の銅剣は現在8本で水銀朱が確認されていますが、それ以外に十数本赤色顔料らしきものが付着している
ものがあるようなので、水銀朱かどうかも含めてこれから調査されるのだろうと思います。

●研磨されていない銅剣
荒神谷の358本の銅剣は、鋳型から出して磨かれないまま埋められていたものが一本だけありました。
出来栄えが良かったために磨かなかったのではないかという説もあります。

木製の柄を取り付けて武器として使われたものも、もしかするとあるのかもしれませんが、
高価な顔料を塗られていたり磨かれていなかったり、こうしたことからも人を殺傷する道具というよりも、眺めたり
祭祀に使用したりした可能性が高いのではないかと思います。

その他にも、巫女(シャーマン)が剣を手に持ち、銅鐸の音に合わせて舞を舞ったのではないか、とか
出雲の支配下のクニに配るためではないかとか人それぞれに色々な想像をしていて面白いのですが、
他に手がかりになるようなものが無いので、その部分は謎に包まれています。





~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

荒神谷博物館の中は大きなモニターがあって、発掘の様子を見ることができます。

20-6.jpg




普段はレプリカが展示してありますが、夏休みや冬休みなどは、本物が数点里帰りしています。
出土したところで全て展示してほしいな、と私などは思ってしまうのですが、保存修理や警備の関係、
観光客の動線のことを考えたら一か所にまとめてしまうのは仕方なかったのだろうなと思います。

20-20.jpg




とても眺めのよい開放的なロビーです。

20-23.jpg




ショップはちょっと珍しいおみやげや、書籍などが充実しています。

20-8_20190820211953fbd.jpg



最近見つけた 三種の神器アメ。 
桑の葉やしょうがの粉末、しじみエキスや乳酸菌まで入っている健康に良さそうなアメですが、食べると
じんわりしょうがの風味がしてきます。
荒神谷銅剣のトレードマーク、根元にある『×印』が芸が細かくて心憎いです。

20-9a.jpg




藤原茶問屋さんの、『神様とお茶』シリーズ。
それぞれの神様のイメージに合わせてブレンドした健康茶で、ティーパックが一個入っています。
やはり天照大御神が人気のようで、残り少なかったです。

20-25.jpg
全て国産の材料が使用されています。


ヤマタノオロチと須佐之男命。
20-27f.jpg
須佐之男命茶は、荒ぶるイメージのわりにマイルドで飲みやすかったです。(山椒入り)
「お酒で失敗しないように」ウコン入りのヤマタノオロチ茶は、唐辛子入りの”火を吹く辛さ”が気になって
まだ手を出せずにいます・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・後編に続く

加茂岩倉遺跡ガイダンス

1996年(平成8年)、雲南市加茂町岩倉の農道工事中に山の斜面から39個もの銅鐸が見つかりました。
これは一か所から見つかった銅鐸としては全国最多となり、2008年(平成20年)には国宝に指定されています。
これらの銅鐸の精巧なレプリカを展示し、(現物は古代出雲歴史博物館に展示)発掘時の様子を再現した場所を
見ることが出来る施設が加茂岩倉遺跡(かもいわくらいせき)ガイダンスです。

091a.jpg



ガラス張りの建物の中には、加茂岩倉の代表的な銅鐸のレプリカが展示されています。

093a.jpg


書籍なども少し置いてあります。
ビデオを見せていただいたり、たまに課外授業の学生さんの団体と一緒になった時は、
色々なお話が聞けるので楽しいです。

092a.jpg



長い木のデッキを歩いてゆくと、出土時の様子がレプリカで再現されています。

094a.jpg




加茂岩倉遺跡の銅鐸は、大きな銅鐸の中に小さな銅鐸が入っている、『入れ子』と呼ばれる状態で出土したことが
大きな特徴の一つになります。

095a.jpg
『入れ子』状態の銅鐸。



そしてもう一つの特徴は、シカやトンボ、ウミガメやヒトの顔など、銅鐸に描かれた様々な楽しい絵です。

097a.jpg
29号鐸の『人の顔』。   (古代出雲歴史博物館)
鼻の横にイレズミらしきものがあるようです。



098a.jpg
10号鐸のウミガメ。  (古代出雲歴史博物館)


銅鐸はもともと中国や朝鮮半島で家畜の首に着けるベルとして使われていたものが日本に入って来たのではないか
と言われています。
祭祀に使われたのではないかとも言われていますが、何のために使われ、そして何のために大量に埋められたのか
は分かっていません。
紀元前2世紀~1世紀頃にかけて制作されていますから、そんな大昔のことはわからないことだらけですが、
描いてある絵が何だか可愛らしくて、弥生の人々のセンスについ笑ってしまいます。
テレビも電話も電気も無いこの時代の人は、現代人とは全く感覚が違っていたのだろうと思います。




来年の1月に、東京国立博物館で「出雲と大和」展が始まりますが、加茂岩倉遺跡の銅鐸も展示されるようです。
それに合わせてメンテナンスのため古代出雲歴史博物館は11月18日から2020年4月23日まで長期休館になる
ようですので、行かれたい方はお早めに・・・

099a.jpg




出雲空港の1階ロビーのパンフレット置き場や、出雲大社神門通りの観光案内所などに、古代出雲歴史博物館の
観覧料割引券が置いてあって、少しお得になるので利用されてみて下さい。( 第3火曜日休館 )

124915a.jpg






国道54号沿いに、『菓子工房たてたに』さんというお菓子屋さんがあって、
加茂岩倉遺跡の『入れ子』を求肥でイメージした銅鐸のもなかが売られています。

0990a.jpg



北海道十勝産小豆のつぶ餡の中に、やわらかめの求肥が入っていて美味しいのですが、
この銅鐸の形が意外に食べやすいのです。  職人さんの郷土愛を感じます。 

3855a_201907172258101b4.jpg


古事記編纂1300年を記念し、勾玉をイメージして作られた『杜のたまゆら』。
和風のホロホロしたクッキーでした。

3843a.jpg


このお店は和菓子から洋生菓子まで種類が豊富で、パラ売りの焼き菓子なども多く、気軽に入れます。
あまり目立たない外観ですが、地域の方々がよく買いに来られていました。




岩倉の信号機のところに大きな案内看板があるので、54号から行くほうがわかりやすいとは思いますが、
斐伊川沿いの道から細い山道を登って行くと駐車場が近いので、いつもこちらから行きます。

加茂岩倉遺跡

※加茂岩倉遺跡ガイダンス  ( 火曜日休館 )
 雲南市加茂町岩倉 837-24  (0854)-49-7885 


銅鐸づくり

雲南市の加茂岩倉遺跡のイベントで、銅鐸づくりができるというので、一か月くらい前から申し込んで
楽しみにして行きました。
銅鐸だから銅を使用するのですか?と指導員の方にお尋ねしましたら、銅は高温でないと溶けないので
おナベで溶かすのはむずかしいとのことで、この実習では錫+少量のレアメタルで作るのだそうです。
なので『おおよそ錫』の銅鐸を作りました。


加茂岩倉遺跡から出土した銅鐸のうち 5種類の模様の中から好きなデザインを選びます。
私は5号鐸にしました。
これはおもちゃレベルなどではなく、かなり精巧に作ってある型なのだそうです。

100417a.jpg





まずはじめに型離れが良いように、型に粉をたっぷりとはたきます。

100608a.jpg




型を組み合わせ、しっかりとゴムで止めておきます。

101129b.jpg





鍋に材料の金属を入れ、加熱します。
割とすぐ溶けてきました。

101254a.jpg

レアメタルが高価なので、材料費が少し高めなのだそうです。(1800円)






隙間からそっと流し込みます。

101448a.jpg




金属が冷めるまで待ってから、型をはずします。

102049a.jpg



余分な下の部分をノコギリで切ります。(結構力が要りました。)

102735a.jpg



やすりでなめらかになるまで磨きます。

103012a.jpg




『舌( ゼツ )』と呼ばれる音を鳴らす棒の部分をヒモで取り付けて・・・

111348b.jpg



完成です。・・・振るとカラカラと良い音がします。

110236a.jpg




私の好きな銅鐸の一つ、2区流水文(にくりゅうすいもん)の文様の5号鐸です。
お水が流れているような文様が美しいです。

123331a.jpg

加茂岩倉遺跡からは39個もの銅鐸が出土し、国宝に指定されています。
これは鈕(ちゅう)と呼ばれる上部の吊り下げる部分になぜか「×」印が付いている銅鐸の中の一つで、
古代出雲歴史博物館の常設展示室に展示してあります。


そんなに難しいことはなかったですが、型の完成度の高さに、行って良かったな・・と思えた一日でした。

スワロフスキーパールの3連ネックレス

スワロフスキーのクリスタルパールはツヤとか色が高級感がありますが、他の人工パールよりも
少し重さがあるので、連にするとかなりずっしりした仕上がりになります。

今回は、プラチナ色で作ってみました。



DSC00445c.jpg




プラチナはグレーとはまた違った光り方をします。


DSC00491a.jpg



女性は年齢を重ねてくると、どうしても胸の上部が削げてきたり、下垂してきたりします。
そういったことを補うのも、スカーフやボリュームのあるネックレス、ブローチなどの役割の一つだと
思っているのですが、「もう歳だから・・・」とか「どうせ私なんて・・」と思わないで、いつまでもおしゃれを
楽しんで欲しいな・・と思っています。